張り詰めた気持ちを やわらげたい。わが家の【ほっと ひと息】作りませんか。

高知県産 桧(ひのき,ヒノキ)の無垢フローリング(縁甲板) の製造・販売店。リフォーム用床材、新築用床材に。

 
HOME 製品一覧 使用方法例

モニター募集!

お問い合わせ このショップについて

初めての方はこちら 高知県産 桧(ひのき)を使用した無垢フローリング(縁甲板)の専門部

製品一覧
TOPへもどる 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】
- サイトマップ -
モニター様募集中! 桧(ひのき)の無垢フローリング(縁甲板)



 
新築・リフォーム 施工例一覧(当店の桧の無垢フローリング,縁甲板を使用した施工例)
新築 施工例はこちらへ >>>
隅田様邸
鈴木様邸
新築施工例一覧
リフォーム 施工例はこちらへ >>>
・納戸書斎 に!←新
息子夫婦と生まれた孫娘のため、中古住宅を
部屋を広くしたくて吹き抜けを…
の部屋をの床に
傷んだ合板フローリングを…
リフォーム例 一覧
 
 
 
▼お見積りはこちら▼
桧のむくフローリング(縁甲板)のお見積り依頼フォームはこちら

フローリング材お見積
お手入れ塗料お見積

 

▼ 参考価格表 ▼
一般販売用価格
 
製品情報(桧の無垢フローリング,縁甲板)
《 大工さん・プロ用 》
桧 縁甲板
4m材(本実加工)
 
《 DIYリフォームに 》
桧無垢フローリング
* 乱尺エンドマッチ *
 
フローリング
▼等級別 一覧▼
【特等】
【小節】
【上小節】
【特選上小節】
【無節】
【柾板】
 
高知県産の桧の特徴はこちら
 
木のはなし
「木のはなし」トップ
 
角材、一枚板など、
その他の製品への
お問合せはこちらから。
お問合せフォーム
 
DIYリフォームの施工例 紹介
施工方法例
 
製品へのこだわり/丸太の選別〜仕上げ加工 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】

こだわり_トップへ

 
用語の説明
用語の説明_目次
 
お買い物についてはこちら
お買物の流れ
お支払い方法
配送について
返品について
特定商取引法について
 
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
 
TOPへもどる 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】
営業日カレンダー

●無垢材のお手入れ


■定期的なお手入れを

無垢材は、日ごろのお手入れ、定期的なお手入れをきちんと行うことで、無垢材ならではの良さをいかすことができます。

<目次>(項目をクリックすると、ページ下部へ飛びます)
1.何も塗らない人向けの お手入れ
2.ワックスを使う(使っている)場合
3.自然塗料でお手入れする場合
4.水のシミができるのを防ぐためには?
5.「水には気を付けてるのに、いつの間にかシミができてる!」…原因と予防法

1.無塗装材のお手入れ

無垢の木の手触りや風合いを大事にしたい。
塗装やコーティング、ワックスはあまり使いたくない。
そんな方には、米ぬかでのお手入れをお勧めします。

お手入れ方法
掃き掃除 
⇒ 固く絞った布での拭き掃除 
⇒ 米ぬかを布にくるんで、こする
⇒ 摩擦熱で染み出してくる油を塗りこむ。

米ぬかを手ぬぐいや靴下などに入れて、それで床を拭いてあげてください。
手でかける圧力と熱で、ぬかの油が染み出します。
ヒノキや松などの樹脂(ヤニ)が多い木の場合、表面にうっすら、もしくは手触りでわかるほどの樹脂が染み出していますが、コレをヌカ油は溶かしてくれます。
ヌカ油に溶け込んだ樹脂はそのまま木に吸い込まれて木に戻りますので、木の繊維が強化され、表面にツヤが出るようになります。

吸い込まれたヌカ油や樹脂が乾燥や紫外線(※)から木を守るので、木がキレイな状態で長持ちするようになります。
※)表面に塗られた油やオイルなどは、繊維や細胞を傷つける紫外線を吸い込み変色しますので、時間とともに白色⇒黄色⇒褐色と、味わいのある風合いになっていきます。
※水拭きは、必ず硬く絞った布でしてください。
水に濡れると、人間のお肌同様、乾くときに表面の油分も水分と一緒に飛んでしまいます。
ぬかでのお手入れは、不足した油分を足していく方法だと思ってください。

2.ワックスを塗る(塗っている)場合

ワックスは、無垢材の表面に塗料を何度も塗る事で膜を作り、その膜でキズや汚れを防ぎます。
昔は蜜蝋(みつろう)と言って、ミツバチが作る蝋(ロウ)を植物油に溶かし、それを塗りこんでいました。

・特徴:
厚く塗ると表面の塗料の層ができるので手触りが変わるが、キズや汚れに対しては強くなる。
何度も力を入れて塗りこむので、体力を使う。

・ワックス済みの床のお手入れ
1.ワックスを初めて塗るとき
掃除機や固く絞った布での掃除(※)⇒ワックス塗りこみを3〜5回。
ワックスは、木の表面に塗料による層をつくりますから、髪の毛やホコリなどがある状態でワックスをかけると、ワックスの層にゴミが閉じ込められ、取ることができなくなります。

掃除の次に、ワックスを塗りこみます。
ワックスは市販のワックス剤でよいので、3〜5回程度ワックスがけをしましょう。
初回のワックス掛けは、「ペターっと塗る」のではなく、「力を入れて押し付けて塗りこむ」という気持ちで塗りこんでください。
※お使いのワックス剤の説明をよく読んでからお使い下さい。

2回目以降のお手入れ
2回目からは6か月程度の間隔で、ワックスがけをします。
お子様がいらっしゃる場合など、汚れがつきやすいようでしたら、汚れが気になった際に、随時行っていただくのが良いかと思います。
ワックス掛けの回数は、2回目以降は2度塗り程度でかまいません。
こちらも、ご使用のワックス剤の説明をよく読んで作業を行ってください。

3.自然オイルでお手入れする場合

亜麻仁オイルなど、植物からとれたオイル分を表面に塗りこみます。
ワックスと違い、表面に膜をつくらないので、木の呼吸を妨げず、木そのものの手触りを残し、汚れや水に対して強くなります(撥水性がでます)。

製品の種類によって塗り直し期間が違います。
※当店が取り扱っている自然塗料は5年〜10年程度は塗り直し不要の物を使っています。
また、染みこんだものを強化する作用もあるので、おすすめしています。
お問合せはこちら

使用方法は簡単で、掃除⇒塗りこみ(1〜2回)⇒すぐにから拭き、で終わりです。
塗る方法も難しくなく、乾くのも半日程度ですので、とてもラクな部類のお手入れ方法です。

塗りすぎ注意!

塗りこむのは、1、2回までにしてください。
木はオイルを吸い込みますので、パッと見たとききちんと塗れていないように見えることがあります。
ですが、必要以上に何度も塗ると、オイルの吸い過ぎで、木の表面が乾きにくくなったり、ベタベタするようになります。
「もっと塗らなきゃいけないのかな…」と思っても、1、2度で塗るのを止めてください。

4.☆水シミができるのを防ぐためには?

ズバリ、水に気を付ける事。
無垢材は水が染みこむと、水が乾くときに、水と一緒に木の脂や香り成分も一緒に飛んでしまい、傷みが早くなります。
できるだけ水にぬらさないように、ぬれたらスグに拭くようにお使いください。

[1] 水に塗れたらすぐに拭く
[2] 水気の多い場所で使用する場合は、換気をする

5.
水気に気を付けているのに、いつの間にかシミができてる!
という事になりやすい…気が付かないところにある原因…。
と、その予防法や、道具…。

・洗面台やキッチンの周りの床に小さい白い斑点が…
⇒細かい水はねによるシミだと思われます。
水はねの濡れは小さいので、気を付けていても気付けないことが多いです。
予防方法:前もって、撥水性のある塗料を塗っておくのが有効です。
オイルやワックスを塗っておくのは基本だと思ってください。

・気が付くと窓の下がシミだらけ…
⇒冬場は窓ガラスが冷たくなるので、室内の水分が窓に結露し、垂れていきます
その水滴が床を濡らしてしまう事があります。
予防方法:結露した水が床に落ちないようにスポンジのような素材を窓の下の方へはりつけたりします。

☆特に、掃き出し窓のあたりには注意!
⇒掃き出し窓のところに設置してあるカーテン。
カーテンが結露した窓に触れて水を吸い込み、吸い込んだ水を床に落とすことがあります。
掃き出し窓は窓の面積が広いため、結露する水も多い上に、窓際ゆえに紫外線も良く当たります。それらが合わさって、窓際の床はかなり傷みやすい状態になります。
窓際の床がベニヤであったりすると、ベニヤは水に弱いので、ボロボロになってしまいます。
実際、いただいたリフォーム前の写真の窓際の合板床はボロボロになっていました。

予防方法

梱包用のプチプチなどを窓の内側に貼って、断熱する。
給水シートを窓に貼る。
間にカゴなどを置くなどして、カーテンと窓とが触れないようにする。

・いつの間にか、床に大きな丸い 輪っか みたいな シミ ができてるんだけど…
⇒夏場、缶ジュースやビール、冷たいものを無垢材の上に置いてしまった…などが原因かも?
冬場の窓と同じく、冷たいものは結露によって水滴がつきます。
丸い缶の外側が濡れてしまうので、気が付くと丸いシミができている事があります…。

予防方法
冷たいものを床に置かない。
置くときは、コースター等を使って、直接 置かないようにする。
また、あらかじめ、水をはじく塗料を塗っておく。

シミの原因は水じゃないかも…
⇒沸騰したお鍋や、熱いお湯が入ったヤカンなど、いものを木の上に直接置くと、熱で木が変色することがあります。
木は、実は70℃程度になると変色を起こします。
高温乾燥材は色が悪い!と言われる理由です。
鍋しき、コースターなどを使うようにしていただくと、そういったことを防ぎやすくなります。

6.気にし過ぎない。

普通に暮らしていると、無意識にやってしまうことや、窓の結露のように意識できない事が原因で、シミが出来たりすることはよくあることです。

昔の日本の文化の中には、そうやって、傷や壊れたものなどでも、きちんと修繕すれば、その傷も味になる、そうやっていろんなものを愛してきた、そんな流れがあったんじゃないかな、と思う事があります。
たとえば、器の割れも美しいアクセントに変えてしまう金継ぎという技法や、障子の破れた箇所に花や紅葉の紙を貼ったりして修繕していたり…他にもいろいろ、私も知らないことがたくさん…、そういう流れが、文化の根っこにあったように思います。
キズがついてしまっても、できるだけ目立たなくする方法などはありますので、あまり気にしすぎない事が大事かと思います。
お問い合わせフォーム


 

モニター募集 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】

DIY リフォームにオススメ! ヒノキフローリング 乱尺 エンドマッチ 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】
▲エンドマッチ加工なので、施工しやすい!DIYリフォームにおすすめの桧のフローリングです!

製品一覧 国産桧フローリング製品一覧 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】 お見積りはコチラ 高知県産 桧/ひのき/無垢フローリング/縁甲板/新築・リフォーム用建材 【小川製材所 国産桧の無垢フローリング専門部】

 

■会社概要■
- 会社名 - 有限会社 小川製材所
- 所在地 - 〒784-0054  高知県安芸市栃ノ木286-2
- お問合せ先 -

*電話でのお問合せ (午前8時30分〜午後4時30分まで)
※作業中は電話に出られない事があります。
もしその場合は、お手数ですが留守番電話にメッセージを残してください。
0887−34−2921

*FAXでのお問合せ (24時間対応)
0887−34−2334

*Eメールでのお問合せ (24時間対応)
info@aki-hinoki.com

*ホームページよりのお問合せ (24時間対応)
お問合せフォーム

- 事業内容 - [製材業] 高知県産桧(ひのき)のフローリング板(無垢フローリング/縁甲板/床材)など建築用床材、壁材、柱、他建材の製造・販売
- 自社サイト - わが家のほっと一息作りませんか…土佐ひのきの【アキヒノキ.com】


COPYRIGHT(C) 2007  (有)小川製材所 ALL RIGHTS RESERVED.

_%copyright%_

一覧はこちら 桧床材/無垢フローリング/縁甲板/ひのき/ヒノキ/檜/高知県産/小川製材所/無垢フローリング専門部
小川製材所へメールを送る。