[リフォーム]小松さま邸_傷んでベロっと剥がれかけた合板床材を、ひのき無垢フローリングに。

傷んでベロっと剥がれた合板の床材を、ひのき無垢フローリングに。

施主様の小松様にご協力いただき、施工前から施工後まで取材をさせていただきました。
今回、リフォームを行うのは3箇所。リフォームを行う施工場所の床板は、プリント合板(合板に木目のシートを貼ったもの)でした。
接着剤の劣化で、シートと合板の接着が剥がれている廊下と、日に焼けて焦げたようなシミができている縁側部分のリフォームを行いました。

施工前

リフォーム前

縁側に敷かれた絨毯。その下は…

リフォーム前写真

プリント合板が傷んでしまった状態です。

日焼けしているのと、表層の薄板が剥がれかけています。
傷んで剥がれた合板

傷んで剥がれた合板。

縁側は結露などで水にぬれたりしやすい場所ですが、薄板を接着剤で張り合わせた合板は水に弱く、このようにベロンと剥がれてしまいます。
特に小さいお子さまは注意がやや不足しがちですので、ついこういった状態の板の上を気にせず歩いたりして、足が引っかかったり切れたりするので危ないです。だから絨毯を敷いていたようです。
リフォーム前の写真

廊下もプリント合板。ここも替えます。

リフォーム前の写真

トイレ近辺の床。ここも替えます。

施工中

フローリング板の運び込み

フローリング板の運び込み。

縁側の床板はもう剥がしているようです。余談ですが、平屋のおうちだと、このようにして外からの搬入ができますので、選択肢が広がります。
施工中

剥がした床板を、無垢フローリング板に張り替えています。

 

使用材は桧無垢フローリング、柾目です。

施工完了!!

施工が完了しました!

施工完了

きれいに仕上がっていますね!

桧無垢フローリング柾目

廊下も貼り終わっています。
廊下や縁側のような細長い所では、柾目を使う機会が多くなります。

桧無垢フローリング節あり特等

トイレ前も貼り換えが完了しました。
ひのきの節あり特等を使いました。

ひのき無垢フローリング使用例

桧の無垢材は光で映えますね(^^)

小松さま、ありがとうございました!