製品について

 

桧無垢フローリングを製造販売しています。

(有)小川製材所は、ひのき無垢フローリングの製造、販売を主な事業としています。

ものづくりにおいて、小川製材所が大事にしている事は下のリンク先に書いていますので、ぜひそちらもお読みください。

フローリング材製造のこだわり フローリング材製造のこだわり

以下、桧無垢フローリングの種類などの簡単な説明です。

ひのき無垢フローリングの種類(節のあるなし、大きさ別)

それぞれの特徴

基本的に、フローリング材の種類については、節の大きさや数にて分けています。

節あり特等

いくつもの節とそれに沿う木目のラインが視線を散らしてくれるので、ほどよく気持ちをやわらげてくれる感覚があります。
人間集中しすぎると気が張り詰めて疲れてしまうものです。
程よく緊張をほぐしてくれるので、床はもちろん、に使うとほっとする空間が作れそうです。

ちなみに、桧は呼吸をする際、湿度ともに木の中に蓄えている心を落ち着かせる成分を放出しますが、この成分が含まれる樹脂などは節の部分に集まりますので、他の種類のものよりも成分を多く含んでいます。そういう意味でもリラックス効果が望めるタイプです。

注意点としては、フシの部分は亀裂が入るため、スリッパを使わずストッキングなどで歩いているとひっかける可能性があるという点があります。

【上小節】【無節】

おもてに節が全くないものを無節、小さい節が少数あるものを上小節としています。

・上小節(じょうこぶし)

・無節(むぶし)

桧独特の光沢が強調され、引き締まった空間になります。
誰かをお招きする客間などに。
また、節材では節のところで手触りにひっかかるものが出ることがありますが、そういったことがなく、なめらかです。

【DIY用 乱尺材】

上記3種のいずれかの606mm~1,820mmの長さがバラバラの板を、畳一枚分集めてセットにしています。

フローリングの長さ別

  • 3.8m板
    全長4m。先端に乾燥割れがあり、それを切って使う事が前提の製品です。
    ノコギリで真っすぐ、かつ直角に切るのは慣れが必要なため、ある程度木工に自信のある方、または専用工具を持っている方向けとなります。
  • 1.82m板
    日本の建築様式に合わせた1.82m。先端にも凹凸加工があるので、並べるのが簡単。
    エレベーターで運べるので、マンションなどにお届けする場合は必然的にこちらになります。
  • 1.82m分の乱尺板組み合わせ
    1.82mの板2枚と、606mm~1212mm程度の短い板を1畳分あつめて、一つのパッケージにしている製品です。
    梱包のサイズは上記の1.82m材と同じですが、短い板が入っていて枚数が多くなるので、施工に時間がかかります。
    価格はそのぶん控えめ。

カットサンプルの無料請求 受付中です。

このサイトではフローリング材のカットサンプルを無料でお届けしていますので、実際に手にとって、手触りや見た目を確かめていただければと思います。

ぜひご一考ください。

無料サンプル請求 無料サンプル請求

★ご購入などにつきましては、ショッピング用のサイトを別に構えていますので、そちらで購入方法やサイズ、価格をご確認いただけます。

参考 小川製材所 ショッピングサイト小川製材所 ショッピングサイト

★ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」にも出品中です。

参考 小川製材所の桧無垢フローリング(節あり)ふるさとチョイス 参考 小川製材所の桧無垢フローリング(節なし)ふるさとチョイス